歯列矯正

Eラインが欲しいので抜歯矯正を始めた20代口ゴボ女の体験記④半年~1年

こんにちは。やんやんです。

魚みたいな横顔と言われた口ゴボ女の矯正体験記第4弾、今回は「半年~1年」の模様をお届けします!

前回の第3弾「矯正開始~半年」の記録はこちらから読めますのでどうぞ!

体験記①始めたきっかけ、矯正の費用、期間、その他概要
体験記②矯正歯科受診~矯正器具装着まで
体験記③矯正開始~半年(2019.10~2020.03)
体験記④半年~1年(2020.04~2020.09)
体験記⑤1年~1年半(2020.10~2021.03)
体験記⑥1年半~2年(2021.04~2021.09)
体験記⑦2年~2年半(2021.10~2022.03)終了予定。

前回は矯正開始してから早い段階で、下の歯2本を抜いたり、下の歯(一部分)に装置が着いたりといろいろな動きがありました。

今回も、再び抜歯が待っています・・・・

そして、まだ装置が着いていなかった下の前歯にもようやく装置が・・・・?

では、詳しくレポしていきます!

6.5カ月|下の歯の叢生部分にスペースができ始める

下の歯を2本抜き、一部に装置がついてから4ヶ月半ほど経ちました。

隙間なくひしめき合っていた下前歯4本ですが、4ヶ月半ほどでこのような状態に。

前から見た様子

前歯1本1本の間に少し余裕ができてるのが分かるでしょうか?

ちなみに上から見るとこんな感じ。

上から見た様子

抜歯した左4番、右5番のスペースが少し狭まり、その分前歯それぞれの間隔に隙間ができているのがわかるかと思います。

参考までに、装置をつける前の写真を載せておきます。

装置装着前

こう見ると結構動いてますね。

抜歯したスペースを活用して、「まずは扇形にひしめき合っていた前歯に間隔を作り、前歯4本にも装置をつけられるようにする」という工程がしっかりと進んでいます。

しかし、装置をつけるにはまだ早いようで、このタイミングで下前歯に装置がつくことはありませんでした。

6.5カ月|上の左右4番の抜歯

同じく、装置がついてから半年ちょっと。

また試練の時がやってきた・・・

上の歯列がだいぶ整ってきたので、抜歯を行うことになりました。

やんやん

早くない??

口ゴボを改善する矯正治療でもあるから抜歯は必要不可欠なんだけど、というか抜歯をしないと始まらないんだけど、心の準備がなぁ・・・

という気持ちと、

早く抜歯終わらせたい!!!そして1秒でも早く抜歯跡埋まってほしい!!という気持ちが交錯して、心が忙しい。

そして今回も、「コーヒー買ってきて」くらいの軽いノリで、矯正歯科の先生に上の左右4番を抜いてくるように言われました。

前回と同様、先生に紹介してもらった歯科で抜歯を行います。

しかし前回と異なることが一つ。

少し弱気な気持ちになっていた私だけども、腐っても一応は親知らず以外の健康な永久歯の抜歯経験者

経験からくる慣れというものはありました。

完全に止血するまではめんどくさいけど、数日〜1週間程度の辛抱だな、とか。

食べ物もゆっくり食べれば意外となんでもいけるな、とか。少し心に余裕があったんです。

そこで抜歯の先生と話し合った上で、今回は左右2本を同日に抜くことにしました

前の記事を読んでもらえると分かるのですが、左右2本を一緒に抜いてしまうとその後の食事が大変なので、前回下の歯を2本抜いたときは、数週間日をずらして左右一本ずつ抜歯をしていたのです。

本当にいいの?」と何回か先生に確認されたけど、

どうせ止血や血餅の煩わしさに耐える必要があるなら、2本同時にやって一回で終わらせた方がいい。

少々離れた歯医者に2回通うより1回で終わらせたい。(実際は事前確認と経過観察もあるので1回の抜歯につき2〜3回の通院が必要)

このような気持ちが勝って、一度に2本の抜歯を行うことに決めました

※あくまでも私の決断なので、抜歯の際は先生とよく相談して決めてくださいね!

そして、2本同日に抜いて1週間ほど経った時の写真がこちら!

左側
右側

このポッカリ具合。そして、口を開けて笑うと丸見えなこの歯抜け

下の歯は口を開けて笑ってもそこまで目立たなかったことを考えると、上の歯の抜歯のほうがビジュアル的にきつい。

さらに、健康な永久歯を抜いたことによる情緒不安定

抜歯経験者であっても、このダブルパンチは正直辛かったです。

しかし、私はこの時も

やんやん

今は歯抜けだけど脱口ゴボのための過程にしか過ぎん!

という気持ちで日々を過ごしていました。心が折れないように前向きにならなければ、という思いも少なからずありましたが。

「あくまでも歯抜け状態は過程にしか過ぎない」と割り切ることができたのは、この頃コロナが流行りだしてマスク生活になったのも大きいかもしれません。

真夏でもマスクを着けることが当たり前になり、歯抜けを見られる機会が減っていたためです。

また、2本同日に抜歯したことによる不便さはそこまでは感じませんでした。

左右どちらも止血してない時の食事はとても気を遣うのですが、奥歯でゆっくり噛むことを意識すれば不可能ではないですし、私の場合、抜歯して2日後にはこんなものも食べていました。

食い意地すごい

止血して傷が塞がってからも、抜歯跡が埋まるのはなかなか長い戦いですが、結果はちゃんと表れます。

抜歯して情緒不安定になってしまった人や、これから抜歯があって不安な人に私は全力でエールを送りたい

矯正戦士として一緒に頑張りましょうね。

7カ月|抜歯跡を埋めるため、悲しい事実を知らされる

上の左右4番の抜歯を終えたので、次は前歯6本をまとめて後ろに下げる工程に入るのかと思いきやちょっと違いました。

まずは、左右3番をそれぞれうしろに下げて抜歯跡を埋めるのだそう。

そして最初の左右4番の抜歯跡が埋まったら、今度は前歯4本(つまり左右1番と2番)を下げる工程に入るとのこと。

最初は前歯6本をまとめて下げるのをイメージしてたけど
実際はこの2段階だった→ (1)左右3番を後ろに下げる (2)残りの左右1、2番を後ろに下げる 

ん?ちょっと待って。

ということは、左右3番が下がって最初の抜歯跡が埋まっても、左右1、2番は動いてないわけだから、抜歯のスペースが前方(元の左右3番の位置)に移動するだけじゃない????

ってことは、一時的ではあるけども今後はより目立つ左右3番が歯抜けになるってこと????

はい、残念ながらその通りでした。(死)

結局、歯抜けがどの位置でも、コロナ禍ということもあって年中マスクで隠すことになるんですけどね。

今は、まだ左右3番を後ろに下げる工程に入ったばかりなので、歯抜けが完全に前に移動するのはもう少しあとの話・・・

10カ月|下の前歯にも装置が着く

序盤に紹介した、下前歯にでき始めたそれぞれの歯間の間隔。

ようやく先生のOKが出たため、下前歯に装置をつけ歯列を整えることになりました。

抜歯跡が完全に埋まっているわけではないため、前歯の歯列を整える工程と抜歯跡を埋める工程を今後は同時に行っていくことになります。

装置をつけている際、歯科衛生士さんにこんなことを言われました。

下の前歯は痛みが出やすいので、これから頑張りましょうね。

やんやん

はにゃ?

今までの装置の痛みはそうでもなかったし、と完全に余裕ぶっこいていた私。

いざ、装置が着くとわかった。

下前歯に装置が着いた様子

下の歯(特に前歯)って、他の歯と比べると細くて小さいから、強い力で動かされるとダイレクトに痛みが伝わってくる

「こんなちっこい歯達にそんな力業大丈夫??!!」って心配になるレベル。

これも調整日から2~3日までがピークで、だんだんと和らいでいくんですけどね・・

でもしばらくは、調整日にちょっとビビっていたのを覚えている。

12カ月|激痛の中、下の前歯がゆっくり動く

下前歯に装置が着いて2か月。痛みに耐えながらも前歯たちはしっかり動いてくれていました。

下前歯に装置が着いて2か月の様子

まだ歪みはあるものの、前回の様子と比べるとかなり揃ってきています。

あんなにガタガタでも2か月でここまで揃うんだから、矯正ってやっぱりすごい。

下の歯って、口を開けて笑ってもそこまで目立つものではなかったから、今まで歯並びの悪さをあまり気にしたことはなかったけど、まっすぐな歯列の方がやっぱりいいなと思った瞬間でした。

まとめ|歯抜け矯正戦士として忠誠を誓う

矯正開始して半年~1年の様子を見ていただきましたが、いかがだったでしょうか。

この半年間で行ったこと、変化をまとめるとこんな感じ。

  1. 下の前歯の隙間が少しずつ開いてくる
  2. 上の左右4番の抜歯
  3. 上の左右3番を下げ、抜歯跡を埋める工程に入る
  4. 下の前歯4本に装置が着く

今回もビッグイベント、「抜歯」がありました。

しかも、下の歯と違って口を開けて笑うとすぐ見える場所。

そんでもって、最初に上の左右3番のみを下げるとのことで、次は左右3番の場所がぽっかり歯抜けになってしまう。

笑ったら見えるどころか、普通に話しているだけで見えるようになっちまう。

そんな試練、私に耐えられるのか・・・・

不安を抱きつつも、「口ゴボ女を卒業するためにここは乗り越えるしかない」と腹をくくって、歯抜け矯正戦士として忠誠を誓いました。(誰に?)

正直言えば腹をくくらなくても、抜歯をした時点でもう逃げられない。矯正は続いていく。

ただただ、毎日歯を磨いて、毎月調整に通っているだけでも偉い。

そんなことを想いながら、やんやんは矯正開始1年を迎えたのだった・・・・

最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の体験記⑤はこちらから読めます。